HR Trend Lab
HR Trend Lab

社会人基礎力とは?必要性や特長も紹介

2020年03月18日更新

社会人基礎力は、2006年に「多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として経済産業省から発表された概念です。この記事では、社会人基礎力の必要性やメリット、身につける方法を紹介します。

目次

社会人基礎力とは?必要性とその特長
社会人基礎力は「3つの能力」と「12の能力要素」で成立
再定義により追加された「社会人基礎力」3つの視点
社会人基礎力を身につける方法
社会人基礎力を身につけよう

社会人基礎力とは?必要性とその特長

まずは社会人基礎力とはなにか、社会人基礎力の必要性やメリットとあわせて解説します。

社会人基礎力とは?

「社会人基礎力」とは、一言でいうと「職場や地域社会で活躍し続ける上で必要な基礎的な力」。「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力と、それに伴う12の能力要素から構成されています。

ニートなどの若年無業者が社会問題化していた2006年、大学を中心とした教育界から、企業などの産業界へのスムーズな移行を目的として経済産業省が制定。それまで、産業界が教育を通して育んでほしいと思う能力に関して、双方の十分な意思疎通がとれていなかったため、社会人として必要な能力を言語化する必要性が高まったという背景があります。

さらに現在、日本は健康寿命が世界一の長寿迎えています。そして「人生100年時代」といわれ「社会人基礎力」がその重要性がますます増しており、これを受けて経済産業省は2018年に「人生100年時代における社会人基礎力」を提唱。「社会人基礎力」が学生から社会人への移行を目的としていたのに対し、こちらでは幅広い年代層を対象としています。

人生100年時代の社会人基礎力は、「これまで以上に長くなる個人の企業・組織・社会との関わりの中で、ライフステージの各段階で活躍し続けるために求められる力」と定義されています。

社会人基礎力が必要な理由

人生100年時代においては、「時代やライフステージに応じて、常に学び続け、自らを振り返りながら、必要なスキルをアップデートしていく」ことが求められています。また、技術が飛躍的・非連続的に進歩している現代においては、専門的な知識やスキルが過去のものと認識されてしまうスピードが徐々に早まってきています。

そんな環境下において、自らの能力を最大限発揮するため普遍的に求められる社会人としての基礎スキルが、社会人基礎力です。専門スキルを発揮する上でもベースとなる社会人基礎力は、こうした背景から、自らをアップデートしていく指標として注目を浴びているのです。

さらに社員の社会人基礎力が向上し、業務の成績がアップすることで、企業の業績も向上する可能性があります。

社会人基礎力は「3つの能力」と「12の能力要素」で成立

社会人基礎力は、経済産業省により3つの能力が定義され、12の能力要素から成り立っています。ここでは3つの能力と12の能力要素について紹介します。

前に踏み出す力(アクション)

これは「一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力」のこと。実社会の仕事において、正解が1つに定まっているというケースは少ないもの。試行錯誤しながら、自ら行動していく力を持った人材が必要とされています。失敗しても、他者と協力しながら、粘り強く取り組む力を身につけましょう。そのために必要な能力要素は以下の3つです。

主体性:物事に進んで取り組む力
働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
実行力:目的を設定し確実に行動する力

考え抜く力(シンキング)

これは「疑問を持ち、自ら深く考える力」のこと。ものごとを改善していくためには、常に問題意識を持ち、課題を発見することが求められています。その上で、課題を解決するための方法やプロセスについて、十分納得いくまで考える自律的な思考力を身につけることが大切です。「考え抜く力」を手に入れるために、備えておきたい能力要素は下記の3つです。

課題発見力:現状を分析し目的や課題を明らかにする力
創造力:新しい価値を生み出す力
計画力:問題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力

チームで働く力(チームワーク)

これは「多様な人々とともに、目標に向けて協力する力」のこと。職場や地域社会などでは仕事の専門化や細分化が進んでおり、個人として、また組織としての付加価値を創り出すためには、多様な人々との協働が求められます。自分の意見を的確に伝え、意見や立場の異なるメンバーまで包括的に尊重したうえで、目標に向けてともに協力する力が必要なのです。そのために磨いておきたい能力要素は下記の6つです。

発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
情況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
規律性:社会のルールや人との約束を守る力
ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する力

再定義により追加された「社会人基礎力」3つの視点

社会人基礎力は、2018年の働き方改革が提唱された際に、新たに3つの視点が追加されました。そして「人生100年時代」に対応するため対象範囲が広がり、若年、中年、高齢どの年代でも活躍し続けるための網羅的内容へアップデートされています。ここでは、経済産業省が発表した3つの視点のポイントをご紹介します。

学び「何を学ぶか」

これは「何を学ぶべきか自分自身で考え、学び続ける力を持つこと」です。人生100年時代に向けて、自分の強みや弱みを把握し、スキルや経験を時代に合わせて常に磨き続けることが望ましいとされています。その能力を発揮する力として「考え抜く力」がいっそう重要となります。

組合せ「どのように学ぶか」

これは「さまざまな体験や経験の総量を増やし、自分の視野を広げて、自己の多様な体験・経験や能力と多様な人々の得意なものを組み合わせて、目的の実現に向けて統合すること」とされています。この取り組みを外部と行っていく際に「チームで働く力」がよりいっそう重要になるとされています。

目的「どう活躍するか」

これは「自己実現や社会貢献に向けて行動すること」とされており、具体的な活躍の場を得るための行動が求められています。その行動を促すために「前に踏み出す力」がより重要とされます。

若年層と中年層では、働き方やポジションに大きな違いがあります。学び・組合せ・目的というそれぞれの視点から自分を振り返ることで、昇進などのキャリアを切り開くことができるでしょう。

社会人基礎力を身につける方法

ここまで社会人基礎力とはどういったものかをみてきました。では社会人基礎力は、どのようにして身に付けていけばよいのでしょうか。

自分の能力を客観的に認識する

最初のステップでは、なにか行動を起こす前に、自分の社会人基礎力を客観的に認識しましょう。3つの能力や12の能力要素をもとに、自分の得意なことや不得意なことを自己分析することで、伸ばすべき能力がみえてくるからです。自分での判断が難しい場合は、ご家族や友人などに客観的な意見を聞いてみるのもよいでしょう。

また社会人基礎力診断をおこなってくれるサービスも。マイナビ研修サービスの「社会人基礎力診断」では、パソコンやタブレットで回答でき、時間や場所を選びません。診断結果が偏差値の形式で表示されるので、全国平均と比較した自分の認識している社会人基礎力のレベルを把握できます。
改善に向けた行動を進められるような報告書が設計されるので、苦手な能力の強化にも役立つでしょう。

計画的な人材育成をデータの力が可能にする
>>マイナビ 社会人基礎力診断

自分の能力の得意分野を伸ばし、不得意分野を改善する

自分の社会人基礎力を把握したら、得意な分野を伸ばし、不得意な分野は改善できるように普段から意識して行動しましょう。社会人基礎力は、すぐ身に付くものではありません。日々積み重ねていくことが大切です。

個人の能力育成を支援する

人生100年時代の社会人基礎力においては、企業や組織も育成の担い手となることが求められています。たとえば、社員一人ひとりのキャリア志向に合わせた支援を行う人事施策や、社員が周りと切磋琢磨し、活躍し続けてもらえるような環境整備・人員配置も必要です。これらの改善をおこなうことで、優秀な社員の確保・定着に繋がり、社員と企業がともに成長していけるでしょう。

社会人基礎力を身につけよう

社会人基礎力は、仕事をしていくうえで普遍的に必要な能力です。一度身に付ければ、仕事をスムーズに進められるだけでなく、キャリアアップの際、有利につながることでしょう。まずは現在の自分の能力を把握することで得意分野と不得意分野をはっきりさせ、改善に取り組むことで社会人基礎力を向上させていきましょう。

計画的な人材育成をデータの力が可能にする
>>マイナビ 社会人基礎力診断
キーワードで探す
関連バナー
  • クレクタ
  • マイナビ エンゲージメント・リサーチ
  • 社会人基礎力診断
  • ムビケーション
→
←