HR Trend Lab
HR Trend Lab

2021年6月人気記事ランキング

第1位 ブレンディッドラーニングで研修の効果を高めるポイントを解説

ブレンディッドラーニングは、複数の研修形態・学習形態を組み合わせる方法のことです。対面型研修のような一つの研修形態で研修を実施するよりも学習効果が高まることから、企業研修としても注目を集めています。こちらの記事では、ブレンディッドラーニングの概要や、企業研修に導入するメリット、ポイントを解説します。

>>コラムはこちら

第2位 エンゲージメント・サーベイとは?従業員満足度調査との違いと活用のポイント

「従業員と組織の心的なつながり」をあらわす従業員エンゲージメント。
エンゲージメント向上のための施策の一つ「エンゲージメント・サーベイ」とはなにか、従業員満足度調査と比較をしながら、活用のポイントなどを解説します。

>>コラムはこちら

第3位 日本の特徴的雇用慣行は?欧米諸国と比較

長年、終身雇用や年功賃金が一般的だった日本の雇用慣行に、近年変化が見られています。社会環境の激変もあり、欧米の雇用慣行も参考に成果主義へのシフトを進める企業も増えているようです。また、政府も雇用慣行の転換について議論を始めています。こうした日本の雇用慣行の変化について、欧米の雇用慣行と比較しながら、その背景を探ります。

>>コラムはこちら

第4位 コロナ禍において内定者フォローはどう実施すべき?2021年卒の調査データから読み解く

近年、内定辞退のリスクを少しでも軽減するため、内定者フォローを重視する企業が増えています。コロナ禍において採用活動はさまざまな制約を受けていますが、そのような状況下で効果的な内定者フォローはどのように実施すればよいのでしょうか。今回は、2021年卒業者を対象としたマイナビ独自のアンケート調査の結果を参考に、詳しく解説していきます。

>>コラムはこちら

第5位 社会人基礎力とは?必要性や特長も紹介

「社会人基礎力」とは、一言でいうと「職場や地域社会で活躍し続ける上で必要な基礎的な力」。「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3つの能力と、それに伴う12の能力要素から構成されています。
「人生100年時代」といわれる今後の日本において、重要性はますます増している社会人基礎力。その必要性や特長をご紹介します。

>>コラムはこちら

注目キーワード
関連バナー
  • クレクタ
  • マイナビ エンゲージメント・リサーチ
  • 社会人基礎力診断
  • ムビケーション
→
←