HR Trend Lab

MENU

HR Trend Lab

若き「怒れる市長」が考える未来のためのリーダーシップ(石丸伸二 様)

2024年05月16日更新

石丸伸二様top
広島県 安芸高田市長 石丸伸二 様(※2024年1月12日取材時点)

若き市長が議場に立ち、真っ直ぐに相手を見据えながら語勢強く「恥を知れ!」と議員に向かって一喝する姿をオンライン動画などで見たことがある方も多いのではないでしょうか。
それが、メガバンクのアナリストから37歳の若さで生まれ故郷の市長へと転身した、広島県安芸高田市の石丸伸二市長です。
SNSで繰り返し流れてくる彼の動画についてインタビュー中に話を向けてみると、少しはにかみながら「あれは、わざとなんですよ。ああいう動画ばかりが話題になってしまいますが、私としては正論を言っているだけなんです」と語ってくれました。

若くして一つの市を率いるリーダーとなった石丸氏。彼の考える「リーダーシップ」とは一体どのようなものなのでしょうか。

目次 【表示】

リーダーに「リーダーシップ」があるとは限らない

—オンライン動画で大きく話題になっている石丸市長の姿を見て「リーダーシップがあるなぁ」と感じる方が多いと思います。ご自身ではどう評価されますか?

石丸様(以下、石丸):正直、私自身は自分が「リーダーシップのあるタイプ」であるとは全然思わないんですよ。
友人と飲みに行っても、場を仕切るタイプではありませんし(笑)。むしろ隅っこに座って場の流れに任せていることのほうが多いです。

ただ、リーダーシップがあるかないかは置いておき、私が「リーダー」であるのは間違いのない事実です。市長ですから。

私の主観からは、「市長」という役割・立場においてやるべきことをやっているだけなんです。
それを見て「リーダーシップがある」と感じる方もいるかもしれませんが、私個人としては自分にリーダーシップがあるとは思いません。

—石丸市長は「リーダー」ではあるが、「リーダーシップ」があるとは自認されていないんですね。

石丸:私はたしかに「リーダー」ではあります。そして、切り抜き動画などでは「自信家」にも見えるでしょう。だからといって、全てのリーダーが自信家であるわけでも、ましてや自信家であればリーダーであるわけでもないと思うんですよね。

ただ、私が大切にしていることが一つあります。リーダーであろうとなかろうと、そしてリーダーであるならなおさら、「あるべき論」から逃げず、あえて率直に語っていくということです。
石丸伸二様

リーダーなら「あるべき論」を語るべき

—「あるべき論」ですか。たしかに、議会での石丸市長は率直な物言いで、人の言いにくいことをズバッと語る印象があります。

石丸:あの言葉遣いや態度は、ある種の演出です(笑)。そのように振舞っているのも、目的が二つあるからです。
一つが、長年かけて固着してしまった悪習を取り払うために強い言葉が必要だと思っているから、そしてもう一つが「あるべき論」をしっかり語っていくことの重要性を次の世代に知ってもらいたいからです。

—なるほど。オンライン動画で有名になったあの語り口は、戦略的な演出なんですね。

石丸:そうです。動画だけを見ていると私が議会と喧嘩しているように見えるかもしれませんが、そうではありません。
民主主義における大原則の一つ、二元代表制の「あるべき」姿を取り戻すために必要だと思うから、やっているのです。今お話しした一つめの目的を果たすため、ですね。

地方議会というのは、私(市長)を代表とした「執行部」と、議員によって構成される「議会」という、どちらも選挙によって選ばれた代表者による「二元代表制」で成り立ち、お互いに議論を重ねて市政運営を行っています。

が、多くの地方議会ではこの二者の関係が「なあなあ」になりやすく、実際、私が市長就任する前の安芸高田市議会もそうでした。しかし、それでは市政を健全に機能させることはできません。

その状態を解決するため、あえて強い言葉を使いながら、もとのあるべき姿に戻そうとしているのです。

>>続きはこちらからダウンロードできます。

人気記事ランキング
注目キーワード
研修・診断サービス
  • クレクタ
  • マイナビ エンゲージメント・リサーチ
  • 社会人基礎力診断
  • ムビケーション
→
←
Career Research Lab マイナビ研修サービス ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 外国人採用サポネット 日本エンゲージメント協会 HUMAN CAPITAL サポネット ナレビ マイナビキャリアサポート