HR Trend Lab

MENU

HR Trend Lab

マイナビ・MRI 共同セミナー

社員の価値観や働き方の多様化・業務のDX化などが進む中で、生産性を高めるには社員の資質や状況をきめ細かく見極める対応が欠かせません。また、企業人事のおかれる環境が変化する中で、企業が人材に求めるスキルや人材管理の手法も変化しています。​

マイナビのノウハウ×三菱総合研究所のテクノロジーによって実現したタレントマネジメントシステムを紹介しながら、そうした人事が取り組むべき人材マネジメントの在り方と背景についてご紹介いたします。

開催概要

日時

・日時 :8/24(火)13:30~14:30(予定、開催時間は変更になる場合がございます。)
・会場 :Zoom ウェビナー開催
・費用 :無料
・定員 :400名(申込先着順とさせていただきます)
※お申込は 1社2名を上限とさせていただきます。予めご了承ください。

プログラム

人材需給とミスマッチ解消 ~FLAPサイクル~

山藤 昌志(株式会社三菱総合研究所 政策・経済センター 主席研究員)

デジタル革命がもたらす職のミスマッチ拡大はコロナ禍で加速し、今後は人間ならではの非定型スキルのニーズが高まります。本講演では、職のミスマッチ解消のカギとなる「FLAPサイクル」をご紹介し、日本の人材活性化を促進するためのポイントをご提示します。

人的資本経営と報告の必要性と最新動向

小澤 ひろこ(ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 研究員)

世の中が大きく変化している中、変革を掲げる企業は少なくありません。変革に向けた道筋を描くのは経営ですが、それを実現するのは現場であり「人材」です。どんな「人材」「スキル」が必要なのか?は、組織を成功に導くための最も重要な問いになっており、可視化が不可欠です。そうしたニーズに応えて策定された「ISO30414人的資本経営&報告」について、背景と共に概要を説明します。

人事管理の可視化への対応 ~タレントマネジメントシステムの活用~

村上 諭(株式会社マイナビ 教育研修事業部 事業開発統括部 企画運営部 部長)
小原 太(株式会社三菱総合研究所 キャリア・イノベーション本部 主任研究員)

タレントマネジメントが注目を浴び、企業での導入も進みつつあります。タレントマネジメントをどのように推し進めていくのがよいのか?タレントマネジメントが実践されたら何がどう変わるのか?これらについて、マイナビ×MRIで共同開発したタレントマネジメントシステム等の実例にも触れながらお話します。

注目キーワード
関連バナー
  • クレクタ
  • マイナビ エンゲージメント・リサーチ
  • 社会人基礎力診断
  • ムビケーション
→
←